EcoBalls

お久しぶりですこんにちは。
"たくさんのありがとうを君に・・・"改め、
"Never Know"のKanaです。^^

今日は、自分のブログでも紹介したんですが、
環境に優しい便利グッズをご紹介します♪

********************************************

実はちょっと前から友人達が使ってて
気になっていた商品を購入してみました。

a0066920_3285446.jpg


EcoBallsと言うのですが、プラスチックのボールの中に
セラミックの小石がいっぱい入っていて、
このボールを洗濯機の中に入れるだけで、
洗剤も柔軟材もいらない!というもの。

ホームページの謳い文句はこちら。

One set of Eco Balls lasts for 1,000 washes
3つセットで使うんですが、この一セットで1000回の洗濯が出来ます。
ちなみにボックスには、中身が少なくなって来た時に追加できる
追加用小石も3パック入ってます。

Softens clothes without needing fabric conditioner
柔軟材なしでもふっくら柔らか!
経済的だし、硬水でも効果を発揮するそうです。

Lower wash temperatures
EcoBallsは30℃で使用するので、
電気代も節約。お水も節約。

Shorter wash time
quick washプログラムで使用するので、時間もお金も節約。

Hypoallergenic
アレルギーとなる刺激剤が使われていないので、
赤ちゃんや子供の服にも安心。

Environmentally friendly
環境に優しい、化学物質非配合。

Antibacterial
抗菌作用あり。大腸菌&黄色ブドウ球菌をやっつけます。

Kind to your clothes
洋服にも優しく、色落ちしたり、
衣類にダメージを与えません。


なんだか組織の回し者のようになって来ました。(笑)

とりあえず使ってみた感想は、
ちゃんと洗濯した匂いがすると言うこと、
白が綺麗に出ている(気がする)と言ったところでしょうか。
生地もしわしわしません。

とりあえずこれ一つで
洗剤も柔軟材もいらないと言うのは
環境に優しいと言う点では間違いなし。
何よりも、一セットで1000回ですから、
週に2回回したとして、

10年使えます

これは大きいんじゃないでしょうか?^^

日本でもいろいろでているみたいですね。

Posted by Kana
[PR]
# by ecoblog | 2007-05-23 03:37 | 環境保護

廃油でアロマキャンドル

明けましておめでとうございます。
更新がなかなか滞っていますが今年もぼちぼちやって参りますのでよろしくお願い致します。

料理で使ったあとの油、みなさんはどう処理されていますか?

あたしは大体新聞に吸わせて捨てています。
日本では油を固める粉を使ってゼリー状に固めてすてていました。

でもなんかこれもったいない。
いい使い道はないかと検索していたら、
あたしの好きなキャンドルが廃油から作れるという情報が。


早速材料を揃えて作ってみました。
そして出来上がったのがコチラ。
a0066920_1233261.jpg


手前右の黒い物体は、小さい松ぼっくりのような実。(?)
一番下に並べるつもりでしたが、どうしても浮いて来てしまい、失敗しました。
それ以外はいい感じに仕上がったと思います。


作り方

廃油==400cc
固めるテンプル等の油を固める粉==36g
好きな色のクレヨン==適量
好きな匂いのアロマオイル==適量
牛乳パック==1個
たこ糸==1本
割り箸==1膳

料理用でないお鍋に廃油を入れ、火にかけます。
80度になったら好きな色のクレヨンを入れて割り箸で混ぜて溶かします。
クレヨンは入れる量に寄って色の濃さが変わります。
ご自身の好きな色に調節して下さい。あたしは赤を入れました。

全部溶けたら火を止めて油を固める粉を入れてまた混ぜます。
アロマオイルを数滴入れます。
わたしは20滴ほど入れました。入れすぎないようにして下さい。

固まり始めるとすぐ固まってしまうので、
牛乳パックに入れても大丈夫そうな温度になったら入れて下さい。

たこ糸を上から割り箸にはさんで真ん中に来るように垂らしてあとは待つだけ。

量が多いので固まるのに時間がかかります。

油の量が少なくてもできますので、
油を固める粉を油の量にあわせて計算して作ってみて下さいね。


余談ですし、あたしの思い込みかもしれませんが、
アメリカ人はなーにも考えずに油を流しに捨てているような気がするなあ。

普通に購入したキャンドルはもったいなくてなかなか使えなかったりするけど、
これならがんがん使える。

お風呂に常備しておいて、長風呂のあたしが入ってる間中電気を消してキャンドルでロマンチックに。

テレビも電気を消してキャンドルの灯りだけで見れる。

停電がたまにあるので部屋のあちこちに置いておけば怖くない。(ライターをよく探し回るけど^^;)


LUVでした。
[PR]
# by ecoblog | 2007-01-11 12:51 | ごみとリサイクル

タスマニア森林破壊と野生動物~日本紙原料供給地の現状~


  はじめまして。大阪茨木市在住のtomoと言います。
  
  今回は、大阪で行われたRAN(Rainforest Action Network 本部はサンフランシスコ)
という環境NGOのセミナーに参加しました。タスマニアの森林破壊の現状についてお伝えします。

  現在タスマニアでは、年間平均1万5千ha(一日あたり野球場約40個分!!!!)の天然林において、「皆伐」が行われています。


  ①天然林の皆伐 → ②火炎弾で土地を焼く → ③植林 → ④2次林の伐採

  
  この伐採は特に樹高の高いユーカリ群落において行われているそうです。

 皆伐のあとは、火炎弾で他の競合雑草を焼き、ユーカリだけを育てるために土地を焼き、そのあとで、種を植え育てます。 そして、新芽を好む野生動物を猛毒化合物「1080」を混入した毒えさ(毒ニンジン)をまいて、無差別に駆除しているのです。

 この毒ニンジンの標的になっている野生動物は、ワラビーやフクロキツネなどですが、もちろんそれらの捕食者である動物達も同様に毒殺されているのが現状です。

 
 伐採された木の90%は木材チップになるとされており、これらの少なくとも約8割が日本に向けて輸出されています。もちろん買っているのは日本の製紙会社です。

 いかに私達日本人がタスマニアの森林破壊に大きく影響を及ぼしているかがわかります。RANは、そのような製紙会社に対して、さまざまな働きかけをしているそうです。タスマニアでも市民による天然林伐採反対運動が行われています。

 
 一日に野球場40個分の面積の森林が北海道よりも小さなタスマニア島で行われているなんて、本当に衝撃的でした。わたしたちができることから行動していきましょう。

 
 
 参考HP: http://treesnotgunns.org/jp/

 http://treesnotgunns.org/jp/get_involved/
  


  
[PR]
# by ecoblog | 2006-11-08 23:00 | 環境破壊

ハロウィンの後

アメリカで広まったお祭り、ハロウィン。

おばけカボチャのランタンは有名ですね。

アメリカでは10月に入ると、スーパーマーケットにはオレンジのカボチャが所狭しと並べられます。いったい何件の家庭がこのかぼちゃを買って行くのでしょう。

わたしも去年、かぼちゃを買ってランタンを作りました。

てっぺんを丸く切り抜いて開け、そこから手を入れて種と柔らかい部分をくり抜きます。
キレイにくり抜いたらナイフで顔を作って中にキャンドルを入れて出来上がり。

そしてアメリカ中の家に飾られます。


で、その後は?


もちろん、生ものなので、数日経つと腐ってしまうのです。
去年はふにゃふにゃになった時に捨ててしまいました。


ハロウィンが終わると、こんなカボチャが何トンも埋め立て地に運ばれます。

そんなカボチャを引き取ってコンポストにしてくれるのが近所のスーパー WHOLE FOODS。
今日たまたまそこでランチをしていたら小さな看板があり、この事実を知りました。
11月1日、2日限定で、しかもうちの近所の支店限定でしたがスーパー主導でコンポストをしてくれるなんて少し驚きでした。
さすがWHOLE FOODSです。

来年はまたおばけカボチャを作ってコンポストしようっと。
[PR]
# by ecoblog | 2006-11-03 16:15 | ごみとリサイクル

イギリスでも袋持参がさかんに!

こんにちは。しらたまです。

以前、アイルランドでのレジ袋について書いたことがありますが
私がよくおじゃまするブログ
Strawberry and Vanilla Cream
のSaoriさんがこんなエコ記事がUPされていました。

気軽にエコ生活

イギリスではいままで、スーパーのレジ袋は無料でした。
Saoriさんはアイリッシュと結婚され、イギリスにお住まいなので
以前からアイルランドのマイバッグを愛用されていたとか。

マイバッグ以外にも洗剤のことなどが書かれています。
子供のことを考えた結果、自然とエコにつながった。
これって当たり前のようで、なるほど!なことですよね。

これからも、何気ないことをちゃんと考えてみようと思いました。
[PR]
# by ecoblog | 2006-09-27 21:29 | できることをやってみよう

ペーパーレス

こんにちは。しらたまです。

クレジットカードやマイレージのカードなんか、数枚持っている方多いですよね。
私も持っていますが、毎月の明細やらDMやら分厚い封筒で届きませんか?
しかも、そのほとんどがすぐにゴミ箱行き。
確かにリサイクルペーパーを使っていますと明記されてはいますが
紙資源のむだだなぁ・・・と思っていました。

海外生活を始めるにあたり、すぐに手元に届かないからと
あるカードを、Eメールでの明細受け取りにしてみました。
Eメールで届くから、余計な冊子は届かないし、
パソコンで管理できるから、便利になりました。

最近、このようなサービスが増えてきて、
いろいろな特典もついてくるみたいなんです。
例えば
ポイントがつく、とか。
年会費が半額、とか。
そんでもって無駄な紙資源を使わなくて済む。
ゴミが減る。

自分にもプラス、環境にもプラス。
情報社会だからこそ、これを利用しない手はないですよね。
他のカードなどもサービスが開始されたら検討してみようと思っています。

ペーパーレス、いかがですか??
[PR]
# by ecoblog | 2006-08-31 20:39 | できることをやってみよう

ベランダコンポスト できることから

久しぶりの投稿を迎春!なメルボルンからです。

先日、久しぶりにベランダに出てみたら、
5月ぐらいに野菜くずを埋めておいた植木鉢の中の土が全部真っ黒の
フカフカ土に変わっていました。3ヶ月ほどで姿形がなくなるなんてすごいっ!

↓ラブさんのように簡単にEMぼかし等が手に入らないし、
難しいことはあんまりわからないけど、自然なものは土に帰るだろう・・・
と見切り発進したところ、全部キレイに土に還っていたので小躍り♪でした。

とりあえず、この調子でしばらくはこの簡単植木鉢コンポストでやっていこうと思います。

→ ちょっと傷んでいたり、どうしても皮を剥くことになってしまったり、みかんの皮なんかのクズは細かくしておいて、そのまま植木鉢に入れます。

→虫が出るとご近所さんにも迷惑かなーと思って、一日ごとに上から土をかけています。それだけ。

暖かい頃は多少、小さな虫がぷ~んと飛んでいたことはあったけれども、
冬場は0に等しかったです。(わたしのケースですが)

やり始めてから、ゴミが一気に減りました。
これでようやく捨てるのはビニール系のゴミだけになりました。ヨシっ!

まだ手探り状態なので、なんとも言えないですが、
満タンになったら次の植木鉢にしよう・・・と思っています。
そして、順繰りに上にかぶせる土にしていこうと計画中です。

一人の人間ができること、小さいことでもちょっとずつ地球に還元していきたいです。

投稿者 ポンズ
[PR]
# by ecoblog | 2006-08-18 13:32 | ごみとリサイクル

EMぼかしで作った土

かなり前のことになりますが、日本から買って来たEMぼかしで生ゴミから土を作りました。

生ゴミの水分をできるだけ切り、コンポスト用バケツに入れ、ぼかしをふりかける。
それを繰り返してバケツがいっぱいになったら液肥(下にたまった水分)を取り出し2週間ほど寝かす。 これが一次発酵。漬け物の匂いがしていれば成功。

発酵したものを普通の土と2:8の割合で混ぜ、さらに2週間以上おいて二次発酵終了。

この時点ではまだ生ゴミの形が残っていて、公開してもあまり気持ちのいいものではなかったので写真は撮りませんでした。

これが数ヶ月後の土の写真。
a0066920_5533081.jpg
カボチャの種が見えるぐらいであとは普通の土に見えます。

できた土はいい有機肥料にもなり、先日この土だけで作ったハバネロを収穫しました。

うちは庭がないので頻繁にこれをやるとベランダが土だらけになってしまいそうですが、
できうる限り生ゴミの有効利用をしたいと思っています。

アメリカではEMぼかしが手に入りにくそうなので、何か代わりになるものも探すつもりです。
どなたか詳しい方は教えて下さいね。

人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-08-10 05:58 | EM

温暖化で国立公園が消える?

National Geographic Newsより、気になる記事があったので紹介します。(直訳ではありません)

温暖化が地球に多大な影響を及ぼしているのは明白ですが、
アメリカの国立公園も例外ではありません。

研究によると、イエローストーンやヨセミテその他10の国立公園が危機に陥っています。

温暖化は気温が上がり、動植物の生態系に影響を及ぼすだけでなく、山火事や干ばつが起こりやすくなります。

通常生物は環境の変化があっても長い歳月をかけて変化に対応する能力がありますが、温暖化によって引き起こされる変化の速度は早すぎて生きて行くことができなくなるでしょう。
また、アメリカの国立公園は人間に寄って劇的に変化がもたらされた地域の中で孤立して守られています。国立公園で生活する動植物は例え生活環境が悪くなったからと言って他に行き場がないのです。

まるで別世界で起こっていることのように書いてきましたが、これはただ国立公園で顕著に現れているだけで、わたしたちの住環境でも同じことが起こっていると言えます。

暗いニュースですが、まだ希望があります。
NRDC(Natural Resources Defense Council) のTheo Spencerはこう語ります。
「温暖化に対しては、対応の道がたくさんある。 西の方の州がリーダーとなって措置を講じている。」
「ワシントンの我々の指導者がそれを実行していないのは残念なことである。」

やはりアメリカ政府は、今現在の産業が大切なのでしょうか。

人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-08-01 08:37 | 環境破壊

IKEAで家具を買うと・・・

日本にもできましたね。IKEA。
わたしもアメリカに引っ越した当初はお世話になりました。
毎週通ってたなあ〜

IKEAで家具を買うと必ずついてくるのが段ボール。
IKEAの駐車場に大きなコンテナがあって、段ボールが不要なら捨てて行けるんですが、
移動中に家具が傷ついたらいやだしとりあえず普通はそれで持って帰りますよね。

一時はうち、段ボールだらけになりました。

無地だし、何かに使えそうだからそのうちでっかいものをいくつか捨てずに取っていました。←貧乏性?
a0066920_15445718.jpg


いい加減うちの旦那も「捨てていい?」とうるさいので、この前やっと作ったのがコチラ↓
a0066920_1546291.jpg

フタつきボックス。

すっごく適当に作ったのでみすぼらしいけど、ちゃんと作れば「見せる収納」ができるボックスになるはず。日本では100均で段ボールボックスが売ってますが、アメリカでそんなに安いものを発見できません。
ということで余った段ボールで作ってしまいました。

○クラフト魂を満足させることができる。
○リサイクルになる。
○自分でサイズを決めれる。
○暇つぶしになる。(暇ですみません。笑)
などがポイントかな。

まだ大きいのが余ってるので、次は何を作るか今考えているところです。

人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-07-25 15:53 | ごみとリサイクル