ガスの再利用法

初めまして、こんにちは。 アメリカ・カリフォルニアからBambalinoです。

こちらでもまたガソリンの値段が上昇しつつあります。 1ガロンが$2.54っていうところも見かけました。 (1ガロン=約4.5リットル <- 訂正です、これはアメリカのガロン法だと約3.785リットルのようです) 友人の話ではあるラジオ番組で ”このままの状態でガソリンを使い続けていると約30年後には使い切ってしまうだろう” といっていたそうです。 このままってまだ中国などの今後もっと車社会になるであろうといった国をいれていない上での計算なんですよね。そうなると実際はもっと早くその時期がきてしまいそう。 アメリカでは相変わらず4WD・大型車が人気のようですが、ガソリン代が大変そうです・・・。

で、ガス続きの話です(ちょっと違うガスですが)。 皆さんは、メタンガスって聞いたことがありますか? 家畜の糞尿や、有機性の廃棄物などから発生するガスですが、これは二酸化炭素と同様に地球の温暖化に加速をかけています。

私も最近知ったのですが、バイオガスシステムというものがあり、それによってメタンガスを空気中に放出するのではなく、家庭で使うためのガス(エネルギー)に変え、自給自足ができるようになるらしいのです。 例えば、家で出す生ごみ・排泄物などによってガスが作られそれを使って生活をするといったサイクルです。

これが普通の家庭に普及するとすごく環境にも・お財布にも優しいのではとおもうのですが、どうでしょう? 問題点もありそうだし、実際に導入されるのにコストもかかりそうだと思いますが、私の周りではあまり聞かないのでどうにもいえません。 (いや、これが家庭に普及しているのかも知りません・・)皆さんの周りではどうですか?知っていらっしゃる方・または興味のある方のお話・情報等、聞かせていただけるとうれしいです。
[PR]
by ecoblog | 2006-01-09 16:06 | 環境破壊
<< ZERO WASTEとは 布ナプキン体験談 >>