カリフォルニアにもリサイクルボックス

以前、ウィーンの街角で靴のリサイクルボックスがあるという話を聞いたとき、
カリフォルニアにはない。と嘘をついてしまいました。
ありました。 映画館の駐車場に。

靴と服のリサイクルボックス
a0066920_431763.jpg
使い方は簡単です。
リサイクルしたい服を何か袋に入れてこのボックスの中に入れるだけ。


a0066920_452992.jpg

以下 簡単に訳しました。
これは、Campus California TGという、非営利団体によって運営されています。
ボックスから集められた服はリサイクルされ、販売されます。
そして集まったお金はアフリカで活動しているCampus California TGのボランティアの活動費等に充てられます。

ボランティアはHIV/AIDS蔓延阻止のための教育、地域の学校の先生の訓練指導、
ストリートキッズを学校に通わせるなどの活動を行っています。

衣服の生産には、莫大な資源とエネルギーを要します。カリフォルニアに限定すると、埋め立て地に廃棄される衣服は毎年何百万トンに上ります。
この廃棄される衣服をあなたよりもっと必要とする人々がいます。
つまり、あなたの思いやりは、環境を守るだけでなく、Campus California TGの活動を支援することにもなるのです。

現在は不要な服はないのですが、出てきたらここに持ってこようと思います。
場所はサンフランシスコ空港近くのハイアットシネマの駐車場。
ご近所の方は是非どうぞ。
[PR]
by ecoblog | 2006-02-14 04:20 | ごみとリサイクル
<< きっこの日記と辺野古 第二回大阪湾再生市民サミット >>