美ら島税

最近参加者の方々もお忙しいようで、私の投稿が続いていますが
もう少し頻繁にアップするためにニュースもご紹介していきます。

最初は美ら島税の話題。

沖縄県座間味村は、住民を含め島に入る人から一律1回100円を徴収する「美ら島税」(仮称)を今秋にも導入する。

 村によると、「美ら島税」は那覇の泊港と那覇空港から海・空路で座間味、阿嘉、慶留間各島に入る人が対象で、運賃に100円上乗せする。70歳以上と高校生以下、障害者などは免除する。

 「美ら島税」の使途は(1)海の保全に関すること(2)島の環境に関すること(3)来訪者へのサービスに関すること—に限定。具体的にはオニヒトデ駆除やウミガメ保護、海岸の清掃・美化活動、自然保護促進のルールブック発行などを行う。

 同村は「島の美化はボランティアの協力を仰いで続けているが、限界がある。本島に頻繁に出掛ける住民も多く負担になるが、島の自然保護に協力してほしい」と話している。

(琉球新報より)


これが1000円なんかだったら大反対ですが、100円ぐらいなら喜んで協力しますね。
ただ、島の住民には痛いのではないでしょうか?
住民の意見も聞いてみたいです。

LUV

ブログランキング
[PR]
by ecoblog | 2006-04-12 05:20 | できることをやってみよう
<< アメリカ環境保護局、中国に環境... アースデイ東京 >>