アメリカ環境保護局、中国に環境の改善を求める

英語のニュースです


アメリカ環境保護局(以下EPA)が、中国に環境の改善を求める

EPA長官ステファン・ジョンソンが2008年に行われるオリンピックに向けて
「環境改善はもっと進められるし、進められばならない」と言及。

北京の大気汚染は中国環境局が北京市民は外出しないよう警告を出すほどだと言うが、青空が見え、「大気汚染が比較的低い日」の報告が今年の初め3ヶ月は近年5年間で最低らしい。


このニュースを見て、うちの主人(アメリカ人です)が笑いました。
なぜかというと、世界の二酸化炭素排出量1位に輝くアメリカが、そんなこと中国に言う権利はないからです。

チンパンジー大統領に言いたいこと

人の振り見て我が振りなおせ

ブログランキングにご協力ください
[PR]
by ecoblog | 2006-04-13 05:08 | 環境破壊
<< ミミズ 美ら島税 >>