EMぼかしで作った土

かなり前のことになりますが、日本から買って来たEMぼかしで生ゴミから土を作りました。

生ゴミの水分をできるだけ切り、コンポスト用バケツに入れ、ぼかしをふりかける。
それを繰り返してバケツがいっぱいになったら液肥(下にたまった水分)を取り出し2週間ほど寝かす。 これが一次発酵。漬け物の匂いがしていれば成功。

発酵したものを普通の土と2:8の割合で混ぜ、さらに2週間以上おいて二次発酵終了。

この時点ではまだ生ゴミの形が残っていて、公開してもあまり気持ちのいいものではなかったので写真は撮りませんでした。

これが数ヶ月後の土の写真。
a0066920_5533081.jpg
カボチャの種が見えるぐらいであとは普通の土に見えます。

できた土はいい有機肥料にもなり、先日この土だけで作ったハバネロを収穫しました。

うちは庭がないので頻繁にこれをやるとベランダが土だらけになってしまいそうですが、
できうる限り生ゴミの有効利用をしたいと思っています。

アメリカではEMぼかしが手に入りにくそうなので、何か代わりになるものも探すつもりです。
どなたか詳しい方は教えて下さいね。

人気blogランキングへ
[PR]
by ecoblog | 2006-08-10 05:58 | EM
<< ベランダコンポスト できることから 温暖化で国立公園が消える? >>