カテゴリ:環境保護( 6 )

EcoBalls

お久しぶりですこんにちは。
"たくさんのありがとうを君に・・・"改め、
"Never Know"のKanaです。^^

今日は、自分のブログでも紹介したんですが、
環境に優しい便利グッズをご紹介します♪

********************************************

実はちょっと前から友人達が使ってて
気になっていた商品を購入してみました。

a0066920_3285446.jpg


EcoBallsと言うのですが、プラスチックのボールの中に
セラミックの小石がいっぱい入っていて、
このボールを洗濯機の中に入れるだけで、
洗剤も柔軟材もいらない!というもの。

ホームページの謳い文句はこちら。

One set of Eco Balls lasts for 1,000 washes
3つセットで使うんですが、この一セットで1000回の洗濯が出来ます。
ちなみにボックスには、中身が少なくなって来た時に追加できる
追加用小石も3パック入ってます。

Softens clothes without needing fabric conditioner
柔軟材なしでもふっくら柔らか!
経済的だし、硬水でも効果を発揮するそうです。

Lower wash temperatures
EcoBallsは30℃で使用するので、
電気代も節約。お水も節約。

Shorter wash time
quick washプログラムで使用するので、時間もお金も節約。

Hypoallergenic
アレルギーとなる刺激剤が使われていないので、
赤ちゃんや子供の服にも安心。

Environmentally friendly
環境に優しい、化学物質非配合。

Antibacterial
抗菌作用あり。大腸菌&黄色ブドウ球菌をやっつけます。

Kind to your clothes
洋服にも優しく、色落ちしたり、
衣類にダメージを与えません。


なんだか組織の回し者のようになって来ました。(笑)

とりあえず使ってみた感想は、
ちゃんと洗濯した匂いがすると言うこと、
白が綺麗に出ている(気がする)と言ったところでしょうか。
生地もしわしわしません。

とりあえずこれ一つで
洗剤も柔軟材もいらないと言うのは
環境に優しいと言う点では間違いなし。
何よりも、一セットで1000回ですから、
週に2回回したとして、

10年使えます

これは大きいんじゃないでしょうか?^^

日本でもいろいろでているみたいですね。

Posted by Kana
[PR]
by ecoblog | 2007-05-23 03:37 | 環境保護

エコ垣根。

私も長い間幽霊部員やっていました。すんません。
南スペインはコスタ・デル・ソルに住むafricaと申します。

先日メキシコ旅行に行って、素晴らしいものを発見してきましたっ。
これです↓
a0066920_7321173.jpg

最低限の労力と費用で、最大限の効果!(痛そうでしょ? 笑)
掃いて捨てるほどあるサボテンも、こうして使えば人間社会と共存できるし。
鉄の柵を作る等はもちろん論外ですが、木の柵を作るよりも、
見た目にも愛嬌があるし。
人間にもサボテンにも共にメリットのある柵ではないかと・・・。

メキシコ人だから、単に偶然こうしたんだと思いますが、貧しい国なので、すごく考えて
今有るものを活かしている様が、結果的にエコロジーってことが多くありました。
あともう一個メキシコネタ、ありますんで、そのうち・・・。


africa
[PR]
by ecoblog | 2006-06-06 07:51 | 環境保護

アースデイ東京

東京に住んでたらぜひ行きたかったのが、
4/22、23日に開かれる環境イベントアースデイ東京

いろいろ興味深いイベントが目白押しですが、
中でも毎日料理を作る身として行ってみたいのが
アースデイキッチン&オーガニックキッチン
(エスニック&オーガニックな食体験ができ、身近なところからのごみ少量化を目指します。)


あと見てみたいのがてんぷら油で走るバス
てんぷら油はまだ回収しているようですよ。
回収の場所や時間等はコチラ

気になるのが当日のゴミの状況。
多分たくさんの人が参加すると、ゴミの数も尋常じゃないと思うのですが・・・
イベント事務局はどのような対応をするのでしょうね。

こちら、参加された方は行けなかった方のためにぜひレポートお願いします!

人気blogランキングへ
[PR]
by ecoblog | 2006-04-10 00:46 | 環境保護

スランケットとは?

寒いですね〜
みなさんいかがお過ごしですか?
私はけっこうベッドの中にもぐってブログ巡りをしていますが
こんなものあるんですよ

スランケット

a0066920_752196.gif
 

寒いところにすんでいるこの青年、ある日ブランケットに穴をあけてみたらこれがけっこういい、そしておかあさんに頼んで袖をつけてもらったらますますいい、ということで出来た商品みたいです

冬でも家の中をTシャツで過ごせるような熱帯地域にしているひとたちもいますが
ecologyのためにも小銭をためるためにも
あったかい格好をすることで
部屋の温度をあまり暖かくしすぎないようにしてみるのも大事ですよね

にのちか
[PR]
by ecoblog | 2006-01-27 07:58 | 環境保護

南極海での捕鯨

日本人の10億円の税金が南極海の捕鯨(絶滅危惧種)に使われているのを知っていますか?


今オーストラリアでは日本の捕鯨に対して、毎日のようにアップデートニュースが
放映されています。


殺されていく鯨のニュースを毎日のように見て、
なんだか複雑な気持ちになっています。


捕鯨に賛成ですか?反対ですか?


グリーンピースジャパンに記事があります。
ぜひ読んでいただきたいです。

南極海での捕鯨の現実を知ってください~南極海のクジラ保護区から~

グリーンピーススライドショー

日本捕鯨協会

私のブログでも記事を書きました。
もしよかったらどうぞ。

捕 鯨

ponzu
[PR]
by ecoblog | 2006-01-17 10:34 | 環境保護

クリントン元大統領の発言

昨年の12月の話になりますが、モントリオールで京都議定書締約国会議でのクリントン元大統領の発言について。

クリントン氏の発言は、サイドイベントとしてではあるが、メイン会場で行われて拍手喝采を浴びました。

内容は下記の通り。

「今や気候の変化が速度を増して現実となり、それが人間によって引き起こされていることは疑いの余地がない。 その影響がいつ、どのような形であるのかははっきりしないが、それがよくないものであろうことは明らかである。」

「省エネ技術の開発に真剣に取り組むことで議定書を上回る数値を残すことができるし、それはわれわれの経済に悪影響をあたえるのではなく、発展させるだろう。」

と発言し、経済への悪影響のために温室効果ガスの削減が不可能であるとした現政府の主張を全くの誤りであるとした。

この発言を聞いて、アメリカからの代表者は渋い顔をしていた。

ブッシュ政権としては、全世界ベースでなく、二国間または地域ベースで地球温暖化対策の交渉を希望している。 アメリカ参加者の代表ポーラ・ドブリアンスキーは年間30億ドルの予算を掛けて省エネ技術の開発に取り組むことを表明した。



正直、元大統領が現大統領の政権を批判した発言には驚きました。
この人がまだ大統領だったらよかったのに・・・(苦笑)
簡単な日本語訳のニュースでは読んでいたのですが、英語のニュースはもっと長かったのでやっと読むことができました。
上手に訳せなかったので端折りましたが、全文を読みたい方は コチラへどうぞ。
[PR]
by ecoblog | 2006-01-16 09:02 | 環境保護