<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミミズ

大変ご無沙汰してしまいました、インディアナのmaxumiと申します。

先日私の住んでいる地域にTORNADEがやってきました。
その翌日昼過ぎ、外に出るとドライブウェイに干からびたミミズが沢山転がっていました。
その翌々日、今度はサンダーストームがやってきました。
激しい雨が一晩中降り続いた翌朝早く、ごみを出そうと外に出ると、
今度はドライブウェイに生きたミミズが沢山うねうねしていました。
・・・・水を得て復活したのか??!!
そう思ってすっかりミミズに興味を持った私は
「ミミズ」についての情報を集めるべくネット検索。
すると、、復活の謎の答えは見つからなかったものの
とても興味深いことを知ることになったのです。


それは「みみずコンポスト」というものです。
「みみずコンポスト」とは有機ゴミをみみずを飼って処理すること。
みみずは<ごみ>を与えるとそれを食料とし、
とても価値の高い<肥料>を糞として排出します。
深さのある蓋つきの箱にみみずを飼ってごみをエサとして与えるだけで
ごみはキレイに処理されるばかりか肥料としてリサイクルされるわけです。

近頃家庭からのごみの排出量を減らすため、また生ごみから匂いが出るのを防ぐために
家庭で生ごみ処理が出来るゴミ箱などが発売されていますが、
そのような機械は電気を大量に使うそうで、
ごみを減らして環境にいいことをしているようで実は、
たくさんの資源を使って作られる電気を大量に消費しているということになるのです。
しかしみみずコンポストはもちろん、電気なんて使いません。
いらなくなった適当な箱と古新聞と水があれば出来るのでお金もかかりません。
価値の高い肥料ができるというおまけまでついてきます。
みみずがくれた肥料でおいしい野菜が作れます♪
またびっくりしたことには、その処理能力の高さです。
1キロのミミズがいれば一日に500グラムから1キロのごみが処理されるのだそうです。
実際に欧米の野球場や刑務所や病院や学校といった施設では、
有機ごみの処理にみみずが使われているところもあるようです。
自然を利用して自然を守る、とても画期的な方法だと感心してしまいました。


「みみずコンポスト」に関するサイトはインターネット上にたくさんあります。
ミミズコンポストをしようとミミズを飼ったら、すっかりミミズにはまってしまったという方の日記なんかもあって面白かったです*
また「みみずコンポスト」に関する本もいろいろ出版されているようです。
今回の記事はこちらを参考にさせていただきました。
ミミズコンポストの方法や質問掲示板、様々な参考文献やサイトへのリンクなど
大変詳しく分かりやすいサイトです。

「みみずコンポスト」に関するサイト

ついでにとても興味深いミミズの生態についてこちらのページがすごいです。
読んでいるとなんとも神秘的なミミズにのめりこんでしまいそうになります。(笑)

「ミミズの不思議、不思議なミミズ」

とても画期的ですばらしい方法!
あとは・・・ミミズの見た目的なものといいますか。。その壁さえ越えられれば・・・(笑)

もう一つミミズに関する興味深い記事を発見しましたので
「ミミズ2」で書きたいと思います*

人気blogランキングへ
[PR]
by ecoblog | 2006-04-21 01:38 | ごみとリサイクル

アメリカ環境保護局、中国に環境の改善を求める

英語のニュースです


アメリカ環境保護局(以下EPA)が、中国に環境の改善を求める

EPA長官ステファン・ジョンソンが2008年に行われるオリンピックに向けて
「環境改善はもっと進められるし、進められばならない」と言及。

北京の大気汚染は中国環境局が北京市民は外出しないよう警告を出すほどだと言うが、青空が見え、「大気汚染が比較的低い日」の報告が今年の初め3ヶ月は近年5年間で最低らしい。


このニュースを見て、うちの主人(アメリカ人です)が笑いました。
なぜかというと、世界の二酸化炭素排出量1位に輝くアメリカが、そんなこと中国に言う権利はないからです。

チンパンジー大統領に言いたいこと

人の振り見て我が振りなおせ

ブログランキングにご協力ください
[PR]
by ecoblog | 2006-04-13 05:08 | 環境破壊

美ら島税

最近参加者の方々もお忙しいようで、私の投稿が続いていますが
もう少し頻繁にアップするためにニュースもご紹介していきます。

最初は美ら島税の話題。

沖縄県座間味村は、住民を含め島に入る人から一律1回100円を徴収する「美ら島税」(仮称)を今秋にも導入する。

 村によると、「美ら島税」は那覇の泊港と那覇空港から海・空路で座間味、阿嘉、慶留間各島に入る人が対象で、運賃に100円上乗せする。70歳以上と高校生以下、障害者などは免除する。

 「美ら島税」の使途は(1)海の保全に関すること(2)島の環境に関すること(3)来訪者へのサービスに関すること—に限定。具体的にはオニヒトデ駆除やウミガメ保護、海岸の清掃・美化活動、自然保護促進のルールブック発行などを行う。

 同村は「島の美化はボランティアの協力を仰いで続けているが、限界がある。本島に頻繁に出掛ける住民も多く負担になるが、島の自然保護に協力してほしい」と話している。

(琉球新報より)


これが1000円なんかだったら大反対ですが、100円ぐらいなら喜んで協力しますね。
ただ、島の住民には痛いのではないでしょうか?
住民の意見も聞いてみたいです。

LUV

ブログランキング
[PR]
by ecoblog | 2006-04-12 05:20 | できることをやってみよう

アースデイ東京

東京に住んでたらぜひ行きたかったのが、
4/22、23日に開かれる環境イベントアースデイ東京

いろいろ興味深いイベントが目白押しですが、
中でも毎日料理を作る身として行ってみたいのが
アースデイキッチン&オーガニックキッチン
(エスニック&オーガニックな食体験ができ、身近なところからのごみ少量化を目指します。)


あと見てみたいのがてんぷら油で走るバス
てんぷら油はまだ回収しているようですよ。
回収の場所や時間等はコチラ

気になるのが当日のゴミの状況。
多分たくさんの人が参加すると、ゴミの数も尋常じゃないと思うのですが・・・
イベント事務局はどのような対応をするのでしょうね。

こちら、参加された方は行けなかった方のためにぜひレポートお願いします!

人気blogランキングへ
[PR]
by ecoblog | 2006-04-10 00:46 | 環境保護

ラスベガスのエコ事情2

ベネチアンホテルで、ブルーマンショーを見ました。

ショーが始まる前、舞台両サイドにある電光掲示板で、いろいろな情報が流れます。

撮影禁止だとか、携帯電話はお切りくださいとか。

読んでると、「このショーで使用される紙は全てリサイクルです。」

とあった。



紙って、どこに使ってるの?
パンフレット?

いちいち言及するほどのことじゃないのでは?

と思ってたのですが、ショーが始まり、クライマックスに達した時!!

その意味が分かりました。


その内容を書いたらネタばれになるので書きませんが、
これは絶対リサイクルしてください!!って感じでした。

ラスベガスに行かれたら、このショーはぜひご覧あれ。
とっても楽しくて驚きの90分です。

あまりエコ内容のない記事でごめんなさい。

LUV
[PR]
by ecoblog | 2006-04-07 07:55 | ごみとリサイクル

ラスベガスのエコ事情

先週末は、ラスベガスで友人の結婚式があったので行ってきました。

安いパッケージがあったので、ホテルはVENETIAN。


バスルームになにか書いたカードがあったので、読んでみました。

当ホテルでは、環境に対する配慮のため、
連泊されるお客様に、タオル類はできるだけ新しいものに取り替えるのではなく、
乾かして次に使えるものは再利用していただくことをお願いしております。

ラスベガスは限られた水事情だという点をご配慮いただき、
ご協力よろしくお願いします。

タオルの交換が不要な場合は、このカードをベッドの上に置いておいて下さい。


確かに。
ラスベガスは砂漠に作られた人口の街。
フーバーダムだけが頼りです。

ホテルの経費削減ていうのもあるのでしょうが、
水が大切なのは地球全体に言えること。
もちろんカードはベッドの上に置きました。

今回ベネチアンのみの情報ですが、他のホテルはどうなってるんでしょうね。
ご存知の方は教えて下さい。

LUV
[PR]
by ecoblog | 2006-04-06 12:44 | できることをやってみよう