天ぷら油でパリダカに

ものすごくご無沙汰しています・・・LUVでございます。
ここ2ヶ月少しばたばたしていました。
これからまたがんばってアップしたいと思ってます。

mixiニュースで読んだ記事です。
mixiにも地球の癒し方コミュを作っていますので、会員の方はぜひご参加下さいね!

人気blogランキングへ
=================================
てんぷら油でレースに出てみませんか−−。大阪府大東市の大阪産業大客員教授で元F1ドライバーの片山右京さん(43)が来年1月、家庭の廃油を再生したバイオディーゼル燃料(BDF)で、自動車レース「ダカールラリー(通称パリダカ)」に挑む。学生が原料の廃油を集める予定で、片山さんは「環境問題を身近に考えてもらうと同時に、上位を目指し全力で挑みたい」と意気込み、教え子らと準備を進めている。【久木田照子】

 ◇半月9000キロ完走に廃油1万リットル必要

 ◇環境問題アピール、夢へエンジン全開−−来月から原料集め

 BDFは、廃油の粘度や引火点を下げて精製し、軽油の性質に近付けた燃料。廃ガスに硫黄酸化物がほとんど含まれず、黒煙や二酸化炭素も少ないという。

 パリダカは世界一過酷とされるレースで、ポルトガルからセネガルまでの約9000キロを半月かけて走る。今回の参戦は、BDFを製造する「レボインターナショナル」(京都市伏見区)が、エコカーでのシルクロード走破などに挑んできた片山さんに提案した。学生も今年4月、片山さんの勧めでプロジェクトを創設、1〜4年の有志約70人が集まった。

 同社によると、パリダカ完走に必要なBDFは約9000リットル。原料の廃油は約1万リットルが必要で、大産大の学生約1万人と地元住民、大学の食堂などで8月から集める。大阪府内のほか和歌山や奈良などのレストランやてんぷら店などから問い合わせが来ている。

 学生は廃油集めのほか、同社や自動車メーカーの社員に燃料やエンジン性能などを学び、作動実験にも加わる。パリダカ本番にも約10人が同行、ラリーの通過国に文房具やリサイクル自転車を贈る活動も模索している。

 世界的なレーサーの片山さんらとの共同作業に、学生代表の工学部3年、小泉達也さん(20)らは「一緒に大きな夢を見ることに感動しています。世界に向け、環境問題をアピールしたい」と意欲を燃やす。

 片山さんは「厳しいレースで『学生に何ができるの』との声もあるが、温暖化が進んだ時、彼らが責任を背負う。駆け引きや計算なしでプロジェクトに取り組む、今の純粋さを失わずに生きてほしい」と話している。

 片山さんらは今年8月、タイなどで開かれる「アジアクロスカントリーラリー」も、BDFで臨む予定。

 油の持ち込みは受け付けていない。問い合わせは大阪産業大OSUパリダカ参戦プロジェクト事務局(072・875・3745)。
[PR]
# by ecoblog | 2006-07-15 00:13 | ごみとリサイクル

エコ垣根。

私も長い間幽霊部員やっていました。すんません。
南スペインはコスタ・デル・ソルに住むafricaと申します。

先日メキシコ旅行に行って、素晴らしいものを発見してきましたっ。
これです↓
a0066920_7321173.jpg

最低限の労力と費用で、最大限の効果!(痛そうでしょ? 笑)
掃いて捨てるほどあるサボテンも、こうして使えば人間社会と共存できるし。
鉄の柵を作る等はもちろん論外ですが、木の柵を作るよりも、
見た目にも愛嬌があるし。
人間にもサボテンにも共にメリットのある柵ではないかと・・・。

メキシコ人だから、単に偶然こうしたんだと思いますが、貧しい国なので、すごく考えて
今有るものを活かしている様が、結果的にエコロジーってことが多くありました。
あともう一個メキシコネタ、ありますんで、そのうち・・・。


africa
[PR]
# by ecoblog | 2006-06-06 07:51 | 環境保護

プレゼントは、『気持ち』

はじめまして。
今までダメダメメンバーでした、onoz410 です。先月より、ロンドン生活を開始したのですが、今回は知人カップルのウェディング・ギフトについて紹介させてください。

ご存知かも知れませんが、英国の結婚式では、ゲストは新郎新婦にギフトを贈ります。近年は、ギフトの中身がだぶるのを防ぐため、多くの新郎新婦は自分達の希望する品をリスト化して参加者に渡すようにしています。デパートや John Lewis などの生活雑貨店がカスタマイズできるリストを提供しており、結婚式のゲストはオンライン上で簡単にウェディング・ギフトを購入することができます。

最近私たち(夫と2人暮らしです)が購入したウェディング・ギフトもまったく同じ。指定のウェブサイトから、オンライン上ですぐに購入できました。ただ、ちょっと違うのは、リストの中身と、ギフトの対象。
ラクダ、植林50本分、畑、教師、農業訓練、、、と、ユニークな品目。そして、ギフトの対象は、新郎新婦ではなく、新郎新婦の家族でもなく、赤の他人。でも、ギフトを最も必要としている人々です。

なんだかひっぱってしまいましたが、このリストは Oxfam のものなんです。
新郎新婦は、様々な社会問題に関心がある人たちで、自分達へのウェディング・ギフトをそっくりそのまま寄付にあてようと考えたのです。
「プレゼントは、気持ちで十分。」よく聞く言葉ですが、この知人カップルはそれを実行していました。ちなみに、私たちが選んだプレゼントは、『ひとつの村全体への薬キット』。贈る方も、いいお金の使い方をさせてもらって、得した気分になれますね。

(悪筆失礼いたしました〜。)

人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-05-30 06:58 | できることをやってみよう

トルコより地球を考える

はじめまして。トルコに住んでいますyokocan21と申します。

「アース・デイ」から早1ヶ月以上が過ぎてしまいましたが、地球のことを考えるのはいつでも出来る、ということで、遅ればせながら書いてみることにしました。

ワシントンで国際公務員をされている、慶長さんの4/23の記事で、「アース・デイ」をきっかけに10の行動を起こすべきだ、という「Worldwatch Institute」からの提案を紹介されていましたので、その記事を元に”トルコではどうなのか”を、私の視点から書いてみたいと思います。

その10の提案とは、↓

1.通勤手段を変える(徒歩か自転車で通勤、さもなくば、在宅勤務、職住近接のススメ)
2.新品ではなく中古品を買う(ガラージ・セールやリサイクル・ショップのススメ)
3.地場産品を買う(商品輸送に必要なエネルギー消費を抑える)
4.生ゴミは堆肥化する(ゴミの減量~コンポストのススメ)
5.冷房を数度上げ、暖房を数度下げる(ストップ・ザ・地球温暖化)
6.ミネラル・ウォーターは買わずに水道水を飲む(ペットボトルはガン)
7.環境に優しい洗剤を使う(石鹸や酢で洗剤を作ろう)
8.携帯電話やコンピューターをすぐ買い換えない(新型モデル発売という心理商法に乗らない)
9.週に一度、肉なしの食事をする(食肉の生産過程は多大のエネルギー消費とゴミ生産を伴う)
10.地域の図書館を有効利用する(一人一人が本を買うのは紙の無駄)

まず1. 公共交通機関が日本や欧米のように発達していないため、車を持っている人は車通勤が多いように思います。大都市でのラッシュアワーの交通渋滞はひどいものです。おまけにガソリン代が日本よりもずっと高く、全く経済的ではないですね。

2. については、どうなんでしょう。中古品に対する信用があまりないようですので、新品を買える余裕のある人たちは新品を買っているように思います。ただ、イスラムの教えからなのか、持てる人が持てない人を助けるという習慣があるため、いらなくなった物は、知り合いの持てない人たちに配る、ということを皆よくやっていますね。

3. は、トルコでは地元のもの=一番いい、と郷土愛着心が強いため、わざわざよその土地の物を買おうなどどいう人たちは少ないと思います。それでも最近はかなりな地方都市でも全国展開の大型スーパーが出来ていて、イスタンブールで売られている物も、簡単に買えるようになっています。

4. 生ゴミを堆肥化するシステムは、トルコでは聞いたことがないです。ゴミを減らす努力というのも、殆ど誰もやっていないというのが現状です。
ゴミに関しては、トルコは遅れに遅れています。ゴミの分別もなし、電池などもそのまま他のゴミと一緒にポイ。生ゴミもペットボトルもガラスも壊れたラジオも、全部ひっくるめてゴミ収集車が持っていきます。住み始めた頃、あまりにも不思議だったので回りの人達に尋ねたら、「はぁ?何を聞いてるの?」という反応が返ってきて、驚き倍増でした。

5. ここ数年でトルコでもクーラーがかなりの勢いで普及してきています。特に商業施設でのクーラーの普及は、目覚しいものがあります。勿論、皆ガンガンに冷やしていますね~。
そして冬の暖房に関しては、アパート全体を暖房するセントラルヒーティング・システムのところが多いですので、自分で温度調節は出来ないのです。温め過ぎて、冬なのに半袖・短パンで十分というほどのアパートもある位です。

6. トルコの人は、水道水を飲んでいる人の方が多いようです。

7. 環境に優しい洗剤というものが、トルコで売っているのかどうか疑問。
トルコ人女性は、何かというと漂白剤を使いたがるんです。殺菌作用があるので、トイレやお風呂は勿論、台所や床も全て漂白剤で拭いてしまうんです。TVのCMでも、漂白剤で家中を拭いている場面がよく映っていますし、この国ではそれが常識のようになっているようです。相当に危ないですよね。

8. 新しいもの好きなトルコ人には、かなり耳が痛いお話。新しいものを持っている=かっこいい、というようなイメージがあるようで、加えて見栄っ張りな性格もあり、月給分もあるような携帯や、月給の何倍もするようなパソコンを持っている人達が、私の周りにもたくさんいます。

9. この提案にはすごく驚きました。「へぇ、そうなんだぁ。」
地球環境のためにも、健康のためにも、週に1回は肉なしの日を設定するのもいいですよね。ただ肉好きなトルコ人には、耐えられるのでしょうか。

10. 図書館って、トルコでは殆ど見かけたことがないんです。本をよく読むトルコ人というのも、あまり見かけたことがないですし。本屋さんの数も日本とは比べ物にならないです。

経済が発展し、どんどん豊かになっていき、生活もどんどん便利になっているのですけれど、その反面、地球にはどんどん厳しくなっていっているトルコです。人々の環境に対する意識もまだまだ低く、これからの課題がとっても大きいなぁと感じています。

この記事は、私のブログの方で載せたものを編集して載せました。

人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-05-27 04:35 | できることをやってみよう

世界のゴミ箱

久しぶりの投稿です。

旅行先で見つけた、ゴミ箱。
住宅街にある、リサイクルボックス。
これからも見つけたら撮りたいと思います。

まず、バルセロナの住宅地にあった、リサイクルボックス。





ルクセンブルク駅構内のゴミ箱。





アイルランドのリサイクルボックス。



絵が描いてあったり、色が分かれていたり。
わかりやすいのが特徴でしょうか。
日本って・・・どういうふうに回収してたっけ?
曜日ごとだったかな。 だから余計に面倒に感じるのかな?

色々な国のいろいろなリサイクル。
やっぱり大事なのは、一人ひとりの心がけですものね。

面白いリサイクルボックス、あったら教えてくださ~い!
usaginosiratamaでした。


人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-05-12 23:59 | ごみとリサイクル

ミミズ

大変ご無沙汰してしまいました、インディアナのmaxumiと申します。

先日私の住んでいる地域にTORNADEがやってきました。
その翌日昼過ぎ、外に出るとドライブウェイに干からびたミミズが沢山転がっていました。
その翌々日、今度はサンダーストームがやってきました。
激しい雨が一晩中降り続いた翌朝早く、ごみを出そうと外に出ると、
今度はドライブウェイに生きたミミズが沢山うねうねしていました。
・・・・水を得て復活したのか??!!
そう思ってすっかりミミズに興味を持った私は
「ミミズ」についての情報を集めるべくネット検索。
すると、、復活の謎の答えは見つからなかったものの
とても興味深いことを知ることになったのです。


それは「みみずコンポスト」というものです。
「みみずコンポスト」とは有機ゴミをみみずを飼って処理すること。
みみずは<ごみ>を与えるとそれを食料とし、
とても価値の高い<肥料>を糞として排出します。
深さのある蓋つきの箱にみみずを飼ってごみをエサとして与えるだけで
ごみはキレイに処理されるばかりか肥料としてリサイクルされるわけです。

近頃家庭からのごみの排出量を減らすため、また生ごみから匂いが出るのを防ぐために
家庭で生ごみ処理が出来るゴミ箱などが発売されていますが、
そのような機械は電気を大量に使うそうで、
ごみを減らして環境にいいことをしているようで実は、
たくさんの資源を使って作られる電気を大量に消費しているということになるのです。
しかしみみずコンポストはもちろん、電気なんて使いません。
いらなくなった適当な箱と古新聞と水があれば出来るのでお金もかかりません。
価値の高い肥料ができるというおまけまでついてきます。
みみずがくれた肥料でおいしい野菜が作れます♪
またびっくりしたことには、その処理能力の高さです。
1キロのミミズがいれば一日に500グラムから1キロのごみが処理されるのだそうです。
実際に欧米の野球場や刑務所や病院や学校といった施設では、
有機ごみの処理にみみずが使われているところもあるようです。
自然を利用して自然を守る、とても画期的な方法だと感心してしまいました。


「みみずコンポスト」に関するサイトはインターネット上にたくさんあります。
ミミズコンポストをしようとミミズを飼ったら、すっかりミミズにはまってしまったという方の日記なんかもあって面白かったです*
また「みみずコンポスト」に関する本もいろいろ出版されているようです。
今回の記事はこちらを参考にさせていただきました。
ミミズコンポストの方法や質問掲示板、様々な参考文献やサイトへのリンクなど
大変詳しく分かりやすいサイトです。

「みみずコンポスト」に関するサイト

ついでにとても興味深いミミズの生態についてこちらのページがすごいです。
読んでいるとなんとも神秘的なミミズにのめりこんでしまいそうになります。(笑)

「ミミズの不思議、不思議なミミズ」

とても画期的ですばらしい方法!
あとは・・・ミミズの見た目的なものといいますか。。その壁さえ越えられれば・・・(笑)

もう一つミミズに関する興味深い記事を発見しましたので
「ミミズ2」で書きたいと思います*

人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-04-21 01:38 | ごみとリサイクル

アメリカ環境保護局、中国に環境の改善を求める

英語のニュースです


アメリカ環境保護局(以下EPA)が、中国に環境の改善を求める

EPA長官ステファン・ジョンソンが2008年に行われるオリンピックに向けて
「環境改善はもっと進められるし、進められばならない」と言及。

北京の大気汚染は中国環境局が北京市民は外出しないよう警告を出すほどだと言うが、青空が見え、「大気汚染が比較的低い日」の報告が今年の初め3ヶ月は近年5年間で最低らしい。


このニュースを見て、うちの主人(アメリカ人です)が笑いました。
なぜかというと、世界の二酸化炭素排出量1位に輝くアメリカが、そんなこと中国に言う権利はないからです。

チンパンジー大統領に言いたいこと

人の振り見て我が振りなおせ

ブログランキングにご協力ください
[PR]
# by ecoblog | 2006-04-13 05:08 | 環境破壊

美ら島税

最近参加者の方々もお忙しいようで、私の投稿が続いていますが
もう少し頻繁にアップするためにニュースもご紹介していきます。

最初は美ら島税の話題。

沖縄県座間味村は、住民を含め島に入る人から一律1回100円を徴収する「美ら島税」(仮称)を今秋にも導入する。

 村によると、「美ら島税」は那覇の泊港と那覇空港から海・空路で座間味、阿嘉、慶留間各島に入る人が対象で、運賃に100円上乗せする。70歳以上と高校生以下、障害者などは免除する。

 「美ら島税」の使途は(1)海の保全に関すること(2)島の環境に関すること(3)来訪者へのサービスに関すること—に限定。具体的にはオニヒトデ駆除やウミガメ保護、海岸の清掃・美化活動、自然保護促進のルールブック発行などを行う。

 同村は「島の美化はボランティアの協力を仰いで続けているが、限界がある。本島に頻繁に出掛ける住民も多く負担になるが、島の自然保護に協力してほしい」と話している。

(琉球新報より)


これが1000円なんかだったら大反対ですが、100円ぐらいなら喜んで協力しますね。
ただ、島の住民には痛いのではないでしょうか?
住民の意見も聞いてみたいです。

LUV

ブログランキング
[PR]
# by ecoblog | 2006-04-12 05:20 | できることをやってみよう

アースデイ東京

東京に住んでたらぜひ行きたかったのが、
4/22、23日に開かれる環境イベントアースデイ東京

いろいろ興味深いイベントが目白押しですが、
中でも毎日料理を作る身として行ってみたいのが
アースデイキッチン&オーガニックキッチン
(エスニック&オーガニックな食体験ができ、身近なところからのごみ少量化を目指します。)


あと見てみたいのがてんぷら油で走るバス
てんぷら油はまだ回収しているようですよ。
回収の場所や時間等はコチラ

気になるのが当日のゴミの状況。
多分たくさんの人が参加すると、ゴミの数も尋常じゃないと思うのですが・・・
イベント事務局はどのような対応をするのでしょうね。

こちら、参加された方は行けなかった方のためにぜひレポートお願いします!

人気blogランキングへ
[PR]
# by ecoblog | 2006-04-10 00:46 | 環境保護

ラスベガスのエコ事情2

ベネチアンホテルで、ブルーマンショーを見ました。

ショーが始まる前、舞台両サイドにある電光掲示板で、いろいろな情報が流れます。

撮影禁止だとか、携帯電話はお切りくださいとか。

読んでると、「このショーで使用される紙は全てリサイクルです。」

とあった。



紙って、どこに使ってるの?
パンフレット?

いちいち言及するほどのことじゃないのでは?

と思ってたのですが、ショーが始まり、クライマックスに達した時!!

その意味が分かりました。


その内容を書いたらネタばれになるので書きませんが、
これは絶対リサイクルしてください!!って感じでした。

ラスベガスに行かれたら、このショーはぜひご覧あれ。
とっても楽しくて驚きの90分です。

あまりエコ内容のない記事でごめんなさい。

LUV
[PR]
# by ecoblog | 2006-04-07 07:55 | ごみとリサイクル